イヌリンって何?

イヌリンは、もともとキク科オグルマ属の植物から抽出されて成分で、多糖類の一群。
栄養学的には、水溶性食物繊維の一つとして分類されます。
 
「食物繊維」は、水溶性と不溶性の2つに分かれます。
不溶性食物繊維は、水分を吸収して膨れ、腸のぜん動運動(消化管の運動で、うごめくような運動)を盛んにし、食物の残りかすなどを速やかに体外に排出する働きをします。
対して、イヌリンのような水溶性食物繊維は、人体に好ましくない物質の吸収を妨げ、便として排出される働きをします。
 
イヌリンをとることでの副作用はなく、安心して摂取することができます。とりすぎると胃腸の不快感や満腹感、ガスの蓄積などが報告されているので、注意が必要です。
イヌリンの摂取量目安は、1日10~20gです。100g中に含まれる量は、菊芋は18g、にんにくは13g、ごぼうは5g、玉ねぎは4gです。特に菊芋はイヌリンが多く含まれるので、摂取量には注意しましょう。

イヌリンの効果

腸内の環境を整える

最近注目のキーワードである「腸活」。
イヌリンは腸活にも大きな効果があるとして期待されています。
腸活として大切なのは、大腸の腸内細菌が生み出す「短鎖脂肪酸」と呼ばれるもの。この短鎖脂肪酸は、悪玉菌を抑える殺菌・静菌作用や、ウィルスや病原菌から体を守る働きなどがあります。
この短鎖脂肪酸を生み出す腸内細菌のエサとなるものの一つが、イヌリンなのです。
イヌリンを摂ることで、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えることにつながります。

糖尿病の予防

イヌリンは、「天然のインスリン」と呼ばれます。
イヌリンを体内に取り込むと、成分がゲル状に変化して糖をコーティングします。糖がコーティングされることによって、糖の吸収が抑制されて、糖尿病の予防につながるのです。


中性脂肪の低下

世界中の研究で、中性脂肪が過剰に作られるのを抑制する効果も分かっています。
糖の吸収が抑制されることは先ほどご紹介しましたが、吸収される糖の量そのものが少なくなることで、中背脂肪が増えにくくなるのです。また、体に不要な糖分や中性脂肪分をからめとって排出する働きもあることで、中性脂肪の低下も期待されるのです。

イヌリンは、便秘などお腹の調子が気になる方、ダイエット中の方、糖尿病を予防したい方は必見の、積極的に摂りたい成分というわけですね。

イヌリンが含まれる食材

イヌリンは、菊芋、にんにく、にら、ごぼう、玉ねぎ、アスパラガス、チコリなどの根菜類に多く含まれます。
特に、テレビなどでも注目を集めているように、「菊芋」には特に多く含まれます。
 
菊芋は、キク科ヒマワリ属の多年草。食用となっているのは、肥大化した根の部分です。
全国各地で栽培されていますが、生鮮食材として店頭に並ぶ量は非常に少ないのが現状です。多くの場合、健康食品や健康飲料向けに乾燥させたものや粉末状のものが多く出回っています。生鮮食品として菊芋を食べるのであれば、サラダ・炒め物・焼き物・煮物など生でも加熱しても美味しく食べられます。
 
イヌリンを摂りたい!という方は、サプリなどでとることもおすすめ。
イヌリンが含まれるサプリはこちらです。

■食後の血糖値の上昇を抑える!機能性表示食品「金の菊芋」
 
■年齢を重ねても美しくありたいあなたに!美人医師推奨【女神のごぼう茶】
 
■血糖値・糖尿病でお悩みの方に「紅菊芋パウダー」無添加・無農薬の自然食品(14-0829)
 
■人気のダイエットサポート食品【菊芋の力 菊芋の粉】

まとめ

最近注目を浴びている「イヌリン」。整腸作用、糖尿病予防、中性脂肪予防として効果が期待されています。
にんにく、にら、ごぼう、玉ねぎなど身近な食材でもとることができるので、ぜひ日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。より積極的に摂りたいのであれば、サプリなども試してみても良いかもしれませんね。