トクホ・機能性表示食品・栄養機能食品ってどう違う?

特定保健用食品(トクホ)

お店やCMなどで「トクホ」と名の付くものを見かけることって多いですよね。「トクホ」は正式には特定保健用食品といいます。例えば、「お腹の調子を整える」「血圧や血中コレステロールを正常に保つことを助ける」など、特定の保健用途のために利用できます。事業者により、有効性や品質など科学的根拠を示したうえでの申請が必要で、申請後、国が効果や安全性について審査を行い、食品ごとに消費者庁長官が許可を出します。


栄養機能食品

栄養機能食品は、一日に必要な栄養成分が不足しがちな場合に、補給や補完のために利用できる食品です。1日あたりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が、国の定めている上限・下限値の規格に適合している場合に表示をすることができますが、トクホのように、消費者庁長官の許可を受けたものではありません。栄養機能食品と書かれていても、栄養成分がバランスよく含まれているとは限りません。また、「栄養補助食品」や「健康補助食品」、「栄養調整食品」と似ていますが、これらは機能性の表示ができない一般食品です。栄養成分を一定基準量含んでいる機能性を表示できる食品は「栄養機能食品」ということを覚えておきましょう。


機能性表示食品

機能性食品は、科学的根拠にもとづいた機能性を表示した食品です。事業者の責任のもと、販売前に消費者庁に届け出をすることで表示をすることができますが、消費者庁長官の許可を個別で受けたものではありません。

この機能性食品は、2015年に制度化されました。それまでは、機能性を表示できるものは特定保健用食品(トクホ)と栄養機能食品に限られていました。特定保健用食品(トクホ)は、取得するために時間と費用がかかります。対して栄養機能食品は届け出不要、国が定めた表現によってのみしか表示ができません。そこで、機能性を分かりやすく表示した商品の選択肢を増やして、消費者が商品の正しい情報を得て選択できるようにと誕生したのが「機能性表示食品」なのです。


3つの食品の違い

これらの食品の違いは大きく3つです。

1つ目の大きな違いは届け出がいるかどうか。特定保健用食品(トクホ)と機能性表示食品は必要ですが、栄養機能食品は不要です。

2つ目は許可の有無。特定保健用食品(トクホ)は消費者庁長官の許可が必要ですが、機能性表示食品は不要です。

3つ目は評価基準。特定保健用食品(トクホ)は必ずヒトの試験が必要ですが、機能性表示食品はヒトの試験もしくは評価レビューでも可能です。栄養機能食品は、すでに科学的根拠が確認された栄養成分を一定基準量含めば表示が可能です。

特定保健用食品(トクホ)は、表示を許可されるためのハードルが最も高いぶん、科学的根拠に基づいた機能性は最もしっかりとしています。

食品の見分け方は?

では、これらの「保健機能食品」、どう見分ければ良いのでしょうか?

どの分類の食品かを見分けるためには?

「特定保健用食品」「栄養機能食品」「機能性表示食品」を見分けるための方法は、食品のパッケージをみることです。それぞれで表示方法がきちんと定められています。特定保健用食品(トクホ)は、トクホマークの有無です。おなじみの、人が万歳したようなマークがあるかをチェックしましょう。栄養機能食品は、「栄養機能食品」という言葉と合わせて、栄養成分の名称が表示されています。対象の栄養成分に定められた栄養機能表示が表示されています。機能性表示食品は、「機能性表示食品」と表示されているとともに届け出番号が表示されています。この届け出番号ごとに消費者庁のウェブサイトで安全性や機能性に関する情報を確認することができます。

どんな機能があるかを見分けるためには?

保健機能食品で気になるのがやはりその機能ですよね。それぞれの機能の見方について見ていきましょう。

特定保健用食品(トクホ)は、特定の保健機能について表示ができます。
これまでに表示されているものの例としては、
  • お腹の調子を整えます
  • 糖の吸収をおだやかにする
  • コレステロールの吸収を抑える
  • 歯を丈夫で健康に保ちます
  • 体に脂肪がつきにくい
などの表示がされています。商品ごとに許可を受けた表示内容になっています。

栄養機能食品は、必ず栄養成分の名称と栄養機能表示がパッケージに記載されています。記載された栄養機能表示を参考にしてみましょう。

機能性表示食品は、届出番号と、届出表示(「本品には〇〇が含まれるので、◇◇の機能があると報告されています」)があります。届出表示を参考にするとともに、詳細は消費者庁ホームページで届出番号ごとに詳しい情報が公開されているので確認してみると良いでしょう。

それぞれどんな食品があるの?

では、具体的にどのような食品でどのような表示がされているのでしょうか。具体例を出して紹介してみます。


特定保健用食品

まずは特定保健用食品(トクホ)。これらはそれぞれ国に認められた機能が広告にも掲載されています。

「肌の水分を逃しにくくする」機能が認められている特定保健用食品(トクホ)です。

「SMCSでコレステロールを下げる」機能が認められている特定保健用食品(トクホ)です。

「血中中性脂肪を低下させる」機能が認められている特定保健用食品(トクホ)です。


栄養機能食品

栄養機能食品の具体例はこちら。「栄養機能食品」という表示に加えて、栄養成分の記載があります。

栄養成分:ビタミンC

栄養成分:カルシウム・ビタミンD・鉄
 

機能性表示食品

機能性食品の具体例はこちらです。

届出番号:536
届出表示:本品には難消化性デキストリン(食物繊維)が含まれます。難消化性デキストリン(食物繊維)は、食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて排出を増加させ、食後の血中中性脂肪の上昇を穏やかにすることが報告されています。また、食事から摂取した糖の吸収を穏やかにするため、食後の血糖値の上昇をおだやかにすることが報告されています。さらに、おなかの調子を整えることが報告されています。

届出番号:A133
届出表示:本品にはわかめペプチドが含まれます。わかめペプチドは高めの血圧を下げる機能があることが報告されています。

届出番号:B561
届出表示:本品にはビフィズス菌BB536が含まれます。ビフィズス菌BB536は、腸内環境を良好にし、便通を改善する(排便回数を増やす)ことが報告されています。おなかの調子を整えたい方に適した食品です。
 
これらは「~~報告されています」という表現を用いています。
これは、研究レビューが科学的根拠となっていることを示しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。巷にたくさんある保健機能食品ですが、特定保健用食品(トクホ)、栄養機能食品、機能性表示食品によって、表示するためのハードルが異なります。保健機能食品でもどの種類なのか、どの機能として根拠があるのかに注目してみると、もっと賢い食品選びができるかもしれません。ぜひパッケージの表示にも注目してみてはいかがでしょうか。